竹馬の友は笑いながら歌う

竹馬の友は笑いながら歌う

「お父さん」のことを特別に感じている人って、いっぱいいるんだろう。子供のときの体験や偏見とかそんなのが、「強い風」と結びついちゃうことも、あると思うんだよね。

曇っている月曜の深夜にゆっくりと

去年の夏、ガンガン冷やした部屋の中で冷たいドリンクだけ摂取していた。
私はよく熱中症にかかっていたので、水分を取り入れることが必須だと思ったからだ。
乾燥した部屋で、シャツ一枚、それに炭酸飲料にカルピスとか。
だから、順調だと実感していた猛暑対策。
夏が終わり、寒くなって、前年度よりもひどく震えを感じることが増加した。
外に出る仕事がしょっちゅうだったこともあるが、体が冷えすぎて買い物にすら出れないという事態。
なので、おそらく、真夏の水分摂取は真冬の冷え対策にもつながると考えられる。
じゅうぶんにn栄養を摂取し、偏りの少ない生活をすることが一番だと思う。

雲の無い大安の夕方に友人と
ちいさい時から、物語は嫌いじゃありませんでしたが、ただなんとなく、親が買ってくる本や図書室にある本を読んでいました。
ちゃんと楽しみながら読むようになったのは、高校時代。
国語で、よしもとばななさんのムーンライトシャドウを読んでからです。
物語は、恋人を亡くした主役の、高校のときの回想が始まりです。
恋人が事故で亡くなってしまう経験はその時もその後も、ありません。
しかし、高校生の私には主人公の切ない気持ち重複してしまいました。
複雑な感情でした。
その子と、当時の私の年齢が近かった事、それもあってだと考えています。
帰り道に、その本を購入したのが文庫本を購入した初めての経験です。
このストーリーは、「キッチン」に収録されている作品です。
随分昔のストーリーですが、ずっと人気のある素敵な作品かもしれません。

気どりながら歌うあの子と観光地

タイムイズマネーというのは、凄い言葉で、ぼーっとしていると、実際にすぐ貴重な時間が無くなる。
もーっと、スピーディーに作業も提出物も終われば、そのほかの仕事に時を回せるのに。
しいて言えば、ウォーキングしたり、料理にはまったり、文庫本を読んでみたり。
そう考えて、ここ最近、シャキシャキ取り掛かろうと心がけているが、どれくらい達成できるのか。

笑顔で自転車をこぐ兄弟と暑い日差し
東京でも古くから賑わっている町が、台東区浅草。
その中で歴史のあるお寺が浅草寺だ。
まさにここ最近、浅草寺詣でに行った。
ごく稀に向かう東京都の浅草寺。
さらに、自分できちんと直視し分かったのは、海外からのツーリストが多いこと。
世界中より旅行客が集中する浅草だが、昔よりどう見ても多くなった。
それは世界で一番の総合電波塔、東京スカイツリー完成の影響もあると考えられる。
近隣からは、羽田空港のハブ化に伴って便が良くなったという事で、それと、ヨーロッパの方やアメリカ方面は、着物や和装小物に魅せられて来るツーリストが多いと思う。
それはさておきこの先の未来も多くの外国人がやってくるということを想像させられた。
日本の良さを見つけ、ぜひ楽しんで心に残る記念にして欲しい。
私はというと、仲見世通りを心行くまで散策することができた。
お土産に有名な人形焼と雷おこしなどをたくさん購入して、着物や帯も見せてもらった。
宝蔵門を通過すると、威厳のある本堂が見えてくる。
この瓦屋根はさびにくい性質を持つチタンを使って、工事を行ったという。
本堂の観音に日本の平和を祈りしっかりご参拝してきた。
今年の成果が、必ず成就しますように。

笑顔で走る彼女とわたし

水滸伝の北方謙三版の人間味あふれていて男らしい作中人物が、オリジナル水滸伝の108星になぞらえて、主要な登場人物が108人でてくるが、敵方、権力側のキャラクターも人間くさいのがいて、血が通っていると感じる。
作中人物に実際の人の様なもろさが見えるのもかつまた、心がひかれるわけだ。
弱いなりに自分の夢とか未来の為に出来るだけ苦行をしいられているのが読んでいてはまる。
読みとおしていておもしろい。
それなのに、ひきつけられるキャラクターが悲しい目にあったり、希望がやぶれていく様子も心にひびくものがあるから魅了される大衆小説だ。

怒って熱弁する父さんと草原
仕事場で着用するジャケットを選びに向かった。
コムサでモードとかフォーマルなところもいいな〜と悩んだけれど109も良いと思う。
若々しくてはつらつとした女性服の服屋で体にフィットする服が多いのが特徴。
価格はテナントによって違いがあるのはもちろんだが、なんとなくお手頃。
店を選び、スーツを選んでいたが、細身の物ばかり売られていた。
着た感じも、普段より色っぽく見える気がする。
なかなか素敵なショッピングが達成できて、かなりラッキーだった。

夢中で叫ぶ兄さんと擦り切れたミサンガ

夏休みが半分ほど過ぎた頃の夕暮れ時。
「缶蹴り」で鬼になった少年は、ものすごくお腹を空かしていた。
捕まえても捕まえても、缶をけられて捕まえた友達が逃げるので、もはや今日の缶けりは終わらないんじゃないかと、逃げていく友達の背中を見ていた。
クタクタに遊び疲れて家に帰ると、玄関を開ける前に、今日の夕飯が判明した。
めちゃめちゃ美味しそうなカレーの香りに、少年は幸せな気持ちになった。

ひんやりした仏滅の朝にひっそりと
このごろ、小説をぜんぜん読まなくなった。
30前の時は、毎日読んでいたけれど、ここのところ、仕事があるし、時間をつくりにくい。
もし時間があったとしても、ゆったりと小説をじっくり読むという気持ちになかなかなれないので、読んでいたとしても楽しく感じられない。
だけれど、すごくはまる小説に何年ぶりかにに出会いたい。
村上春樹さんや村上龍さんの小説がものすごく好きなので、お二人が新人賞をとった群像文学新人賞が私の好みのものがあるかと思って読んでみることが多いが、二人のようにがつんとくるものはなかなかない。
それでも、次世代の輝いている若手がいないかと気になるからまた読んでみたい。
だけれど、純文学だからと無理やり分かりにくい単語を使っているけれど中身が伝わりにくいものも多いからさびしい。

控え目に歌う彼女と壊れた自動販売機

買い物中の客は、ほとんどが日本人観光客という様子だったのでその雰囲気にもびっくりした。
そして列は、ほぼ日本人観光客という状態だったので、その光景に驚いた。
日本で言われているのは、韓国のスキンケア用品は肌が喜ぶ成分が多く含まれているらしい。
もちろん、美容グッズにも惹かれるけれど店員さんの言語能力にも素晴らしいと思った。
美容関係に特化した会話だけなのかもしれないが、日本語が上手い。
私は、簡単な英語を使うチャンスだと思い行った韓国だけど、出る幕がないようだった。
会話の機会があれば、努力すれば外国語を理解できるということを知らされた旅行だった。

笑顔でダンスする彼女と草原
この国には、数えきれないくらいの祭事が催されているみたいだ。
自分の目で見たことはないのに、とても良く知っている祭りは、秩父夜祭りである。
絢爛豪華な彫刻を彫った、笠鉾と屋台の合計6基。
お祭り会館を見学したときには、実際の様子を写したDVDや実際の大きさの屋台と笠鉾を観賞させてもらった。
寒い冬に開催されるので、冬祭りとも呼ぶようだ。
参加して見てみたい祭りの一つである。
8月に開催されているのは、福岡市の放生夜があり、すべての生き物の生命を奪う事を禁じる祭り。
江戸の頃は、この祭事の行われている間は、釣りも禁止されたらしい。
代々続くお祭りも重要だが、私は屋台のリンゴ飴も同様に大好きである。

関連サイトやお役立ちサイト紹介


薬剤師 病院 求人
薬剤師が転職しようと思っているなら、どのようにして調べるのでしょう?ウエブの転職・求人検索サービスなら、薬剤師に特化した転職・求人情報サービスがたくさんあります。
ヤミ金の解決費用、弁護士と司法書士
闇金トラブルに頭を抱えている方は、いつ終わるか知れない状況に希望を失っています。闇金対策については、こちらで相談してみませんか?

先頭へ
Copyright (C) 2015 竹馬の友は笑いながら歌う All Rights Reserved.